Q&A 就職活動スタート編 / 企業追究編 / 採用試験編

就職活動中の学生の皆様の三栄ハイテックスに関する素朴な疑問にお答えします。

企業追究編
■事業内容
社内クラブって、何があるの? 活動は?

テニス、フットサル、バスケ、アスリートクラブ、野球等があります。基本的に、興味のある人が集まって活動するというかたちなので、全てに参加している人もいれば、クラブ主催の大会や合宿にだけ参加するという人もいます。各クラブの活動は練習や、時には他の企業と試合をしたり、一般の大会に出場したりしています。この他にも有志で集まっているクラブもあり、定期、不定期に活動を行っています。どれも参加者を限定していませんので、希望する人は誰でも参加できます。

新入社員にはどのようなことを求めていますか?

前向きに考え、諸処の問題について積極的に解決していく姿勢を持つこと。また、学習意欲、好奇心旺盛な人も技術者としての面から見てプラスになります。言われたことしかできない人、探求心に欠ける人は残念ながら当社には合わないと思います。欲を言えば、コミュニケーション能力(社交的)、リーダーシップのある方、そして理工系の知識や経験などにおいて人に負けない得意分野をもっていてほしいと思います。

社員間のつながりは、どんなかんじですか?

基本的にはアットホームな会社ですので、誰にでも分け隔てない関係が築かれています。とはいえ、自主性に任せるという体質ですので、社内のつき合いを無理に強制することもありません。個々の積極性にもよりますが、同期、組織内はさることながら、社内行事、クラブ等を通じて、縦横偏りのないつながりがあるといえます。

上下関係について教えてほしいんですが

社会人としての礼儀は前提として、先輩社員とも公私を通じてよい関係だといえるのではないでしょうか?仕事についてどうしてもわからないところは、聞けば親身になって適切な回答をしてくれるでしょうし、指摘すべき点は、きちんと指摘があるでしょう。仕事を離れた場では、食事に行ったり、飲みに行ったり、どこかへ遊びに行ったりと、そういった空気は昔から変わらず引き継がれています。

会社への通勤方法は?

浜松では、社員のほとんどがマイカー通勤です。また自動車通勤希望者には、社屋近隣に専用駐車場を用意しています。その他バス、バイク、自転車、徒歩などが挙げられます。関東地区、関西地区、名古屋圏では、マイカー以外の公共交通機関を利用していただいています。

新入社員に対するの教育は?

例年、新人研修(1年間=集合研修(半年間)+OJT(半年間))は当社にて行います。講師は、設計の効率化や技術教育を推進している専門スタッフが担当します。半導体の基礎、アナログ・デジタル回路設計、レイアウト設計、ソフトウェア開発、組込みシステムと三栄の全ての業務分野での設計の基礎を習得をします。その日の研修で理解できない部分があった場合は、自主学習したり新入社員の中で教え合ったりする光景も見受けられます。集合研修終了後に、設計部門に配属されますが、その後の半年間もOJTによる研修期間としています。

フレックスタイム制ってあるけど、どう活かされてますか?

当社では、1日の標準労働時間を8時間、コアタイムを9時から15時の5時間(昼休み1時間を除く)としていますから、コアタイムの5時間をはさんで労働時間を前後自由にずらすことができます。また、勤務時間の集計を月末に行いますから、月末の時点でその月の基準労働時間を満たす時間の仕事すれば、勤務時間が8時間未満の日があっても良いということになります。もちろん、お客様との都合、仕事の進行状況にもよりますので、思うように活かせない日、時期もありますが、基本的にはこの制度を活かし自分のペースで仕事ができる環境にあります。体調が思わしくない日、公共機関の用事など、この制度を活かすことで無理なく仕事に取り組むことができます。社員ひとりひとりが自覚を持ち、しっかりとした自己管理を行っているからこそできる制度です。

社内での服装は?

私服、ほとんどが普段着で仕事をしています。創造力、柔軟な発想等を必要とする仕事ですので、それぞれにあった仕事のしやすい服装、また個性の生きたそれぞれの服装で取り組めた方がいいですよね。会社からブルゾンが支給されますが、着用は自由です。個々で判断し、その時々「TPO」に合った服装であれば問題ありません。

会社の雰囲気をひとことで言うと?

「大学の研究室みたい」会社に来た学生さんの多くが、こう表現しますね。がやがや騒がしいわけでもなく静まり返ってるのでもない。それぞれが、黙々と自分のペースで仕事をしているが、時に2~3人が集まって意見を出し合ったり教え合ったりする場面も見られる。社員の平均年齢が34歳ということもあって、自分に近い年齢の先輩が多い。そんなあたりからでしょうか??

■設備
設計に必要な機材は充実しているのですか?

もちろんYES! 技術者比率90%だから、開発のための予算を大きくし充実した機材をそろえることができるのです。数千万円もするようなツールも用途にあわせてそろえています。社内には多種多様の機種をそろえ、それぞれの機器を社内LANで結び、各部門が相互に絡み合う際の情報交換にも役立てています。

パソコンは、貸してもらえるのですか?

はい。現在、全社員ひとり1台以上のデスクトップパソコン、または、ノートパソコンを貸与しています。パソコンがなくては、仕事ができませんからね。もちろん、新入社員が入れば不足分は購入します。

マックユーザーですが、やっぱり社内はWindows?

はい。社内でのパソコン(OS)は、やはりWindowsが主流です。



就職活動スタート編 | 採用試験編